読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fearless

徒然なるままに私の思考を垂れ流します

めろろオタク遍歴 その1

こんにちは。オタク遍歴と言いましても長いので今日は中学生時代の事を書きます。

だいぶ気持ち悪い内容になりますので最後まで読んだら私をブロックするフォロワーが現れそう。

 

中1まではオタクが嫌いでした

女なのに少年漫画を読んでいる人は軽蔑してた

(小学生時代は「ちゃお」のお姉さん雑誌「少女コミック(現:Sho-comi)」の漫画が大好きでした。性行為シーンがある漫画をコッソリ貸借りするのが流行っていました。懐かしいね)

 

 

でも中1当時好きだった人がNARUTOにハマっていて、その人ともっと仲良くなりたいので単行本を買い、読んでみたらドはまりして凄いスピードで41巻(当時の既刊数)まで買い揃えました。好きなキャラはネジとヒナタでした。

今はまた違うけど。

 

 

中1の冬に初めてアニメイトに行きました。

感動しすぎて2週連続で行き、アホみたいにグッズを買いあさっていました。

 

 

NARUTOがキッカケで少年漫画大好きになりました。中2ではD.Graymanに、中3ではテニスの王子様にドはまりしました。気持ち悪いエピソードとしてはクリアファイルにDグレ単行本の表紙をコピーした物を入れて持ち歩き、どこでもブヒブヒ見ていた事と、テニプリ恋愛シミュレーションゲーム跡部景吾を攻略する為に学校を1日休んだ事、テニプリの夢小説(自分が主人公・性行為有り)をノートに書いていた事、ですね。夢小説については高校の終わりくらいに破り棄てました。

 

オチとしてNARUTOにハマっていた当時好きだった人、というのは女性であり私は昔バイセクシャルだったという話です。

 

NARUTOは今でも1番好きな作品だし、なにかと思い入れがあります。新しく知り合った相手に好きな漫画を聞いた際に「NARUTOとか!」って答えが返って来たらイッキに警戒が解け、私はすぐに心を開きます。そういう事が何度かありました。

 

高校生編以降は後ほど…