読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fearless

徒然なるままに私の思考を垂れ流します

コミュニケーション と トモダチ

こんばんは。これを読んでくれている人の大半と同じように Trick or Treat という言葉と無縁な10月31日を過ごしました、めろろです。

 

気の置けるトモダチ、欲しいです。

(たまに“いない芸”って言われますが、本当に少ないです)

 

でも私は…

同じ人とずっと居たら気持ち悪くなります。

小学校の時は同じ町内の子たちにやたら付きまとわれて、気持ち悪くなって逃げました。中高はいろんなグループを点々としていたので実質無所属です。グループ行動とか気持ち悪くて謀反しそうになります。

 

でも…

放課後や夜、独りでいたくない。

ニセモノでいいから、その場を凌ぎたい。

人と一緒にいないと休んだ時やサボった時の情報が回って来ない。

 

そんな理由から大学では最初の2年、ひたすら「知り合い」を増やしました。コミュ力ないけど、知り合いの多い「友達」と付き合って、その子達の知り合いと知り合わせてもらいました。一時期は大学に「知り合い」が300人以上いました。(実際に書き出して数えた事があります)

 

でも授業限定の知り合いやサークル・部活で知り合った人とはそこで会う機会がなくなったら"ヨッ友"になり、やがて挨拶すらしなくなります。なにより、私は適当に付き合っている為、顔や名前をあんまり覚えられず、SNSで「さっきすれ違ったのに無視したよね?!」と言われる事が多いです。長期休暇の後は、友達の友達経由で2〜3回話しただけの人の顔なんて忘れてしまいます。

 

だから今も友達な人が本当に少なくて…。

あの“擬似充実大学ライフ”はなんだったんだろう、と激しい虚無感に襲われます。

 

 

全て自己責任なのでどうしようもないのですが、本気で仲良くなる気やコミュ力や記憶力がないくせに知り合いを増やすと4年生になるにつれ、人との関わりが薄れ、逆に物凄く虚しくなるということがわかりました。

 

サークルや部活も適当に選び、3〜4個やっていましたが全て興味がないものだったので2年・3年の時に辞めました。

 

いま1年生の4月に戻れるのなら、私は友達探しに真剣になります。趣味が合って、一緒にいても疲れなくて、依存してこなくて、可愛い友達を15人くらい作ってその子達と「4年間」継続した人間関係を築きたいです。

(そんな人はいない)

 

なにこの作文

 

(こういうのをネットに上げるからさらに友達が減る) (ガイジ)

 

     お   わ   り