読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fearless

徒然なるままに私の思考を垂れ流します

めろろオタク遍歴2

ひさびさにブログ書きます。

なんとなく寝るにはまだ早かったので。

前回は中学生編を書きましたので、今日は高校1年から高校2年の事を書きます。

 

中3でテニプリ恋愛シミュレーションゲームにハマった話はしましたね、その流れでそういうゲームの攻略雑誌を毎月買ってたんですよ。読んでたら他の作品にも興味沸くじゃないですか。で、ハマったのが「starry☆sky」シリーズ。ゲーム(PSP / PC)・ドラマCD・アンソロジー…ほぼ全て買ったので注ぎ込んだ総額は5万。12星座をテーマにした作品で、宇宙系専門の高校で12人の異性(先生3人を含む)と恋愛できます。声優さんは有名どころばっかりだし絵は綺麗だし当時の私には夢のようなゲームでした。私も大学に入ったら1ヶ月ごとに彼氏変えよう…!なんて考えてました。

 

気持ち悪いエピソードとしては、2012年の年明けを天羽翼くん(のポストカード)とのキスで迎えた事、立体音響のドラマCDを夜寝転がりながら聴き性的な妄想に耽っていた事、妄想ストーリーをいっしょにハマっていた友達と共有していた事などですね。正直ガチ恋してた。

 

でも5万返して欲しい。

 

そんな私にも高校2年の春、現実世界で好きな男の子ができました。そしてちょっとオタク趣味から遠ざかりました。(高校時代誰かと付き合うとかは一切なかったんですけどこの話はまた今度します)

 

長くなってしまったので今日はこの辺で。

次回は高校3年生の時にハマった作品の話をします。では!

めろろオタク遍歴 その1

こんにちは。オタク遍歴と言いましても長いので今日は中学生時代の事を書きます。

だいぶ気持ち悪い内容になりますので最後まで読んだら私をブロックするフォロワーが現れそう。

 

中1まではオタクが嫌いでした

女なのに少年漫画を読んでいる人は軽蔑してた

(小学生時代は「ちゃお」のお姉さん雑誌「少女コミック(現:Sho-comi)」の漫画が大好きでした。性行為シーンがある漫画をコッソリ貸借りするのが流行っていました。懐かしいね)

 

 

でも中1当時好きだった人がNARUTOにハマっていて、その人ともっと仲良くなりたいので単行本を買い、読んでみたらドはまりして凄いスピードで41巻(当時の既刊数)まで買い揃えました。好きなキャラはネジとヒナタでした。

今はまた違うけど。

 

 

中1の冬に初めてアニメイトに行きました。

感動しすぎて2週連続で行き、アホみたいにグッズを買いあさっていました。

 

 

NARUTOがキッカケで少年漫画大好きになりました。中2ではD.Graymanに、中3ではテニスの王子様にドはまりしました。気持ち悪いエピソードとしてはクリアファイルにDグレ単行本の表紙をコピーした物を入れて持ち歩き、どこでもブヒブヒ見ていた事と、テニプリ恋愛シミュレーションゲーム跡部景吾を攻略する為に学校を1日休んだ事、テニプリの夢小説(自分が主人公・性行為有り)をノートに書いていた事、ですね。夢小説については高校の終わりくらいに破り棄てました。

 

オチとしてNARUTOにハマっていた当時好きだった人、というのは女性であり私は昔バイセクシャルだったという話です。

 

NARUTOは今でも1番好きな作品だし、なにかと思い入れがあります。新しく知り合った相手に好きな漫画を聞いた際に「NARUTOとか!」って答えが返って来たらイッキに警戒が解け、私はすぐに心を開きます。そういう事が何度かありました。

 

高校生編以降は後ほど…

年下のキミ。

はい、11月です。

来週火曜まで販売員のバイトがないのでマニキュアを塗りました。乾かしている間にブログを書きますね。

 

少女漫画のタイトルみたいな題をつけましたが恋愛の話題ではないです。(恋愛の話題とかしたら捻くれオタクに殺害されそう)

 

私は精神年齢がひっっっくいのでなかなか同学年の子に仲良くしてもらえません。というか4年なのでね、前回の記事にも書いたけどね、友達が減ったというか…うん。

 

いま、塾の親しい講師もだいたい年下、ていうか中3の生徒と友達みたいな会話して騒いでるし高3の生徒とか私を見つけると手を振ってくるしオタクトークしてくるし、もう友達でしかない。Twitterの仲良しさんも、リアル世界の仲良しさんもみーーーんな年下。なんで?!

 

 

ほんとはね、年下さんチームには「めろろさんには敵わないや。年上の余裕がずるいよ…俺も早く大人になりたい(>_<)」とか「めろろさんに相談するとすごく落ち着きます。ほんとに尊敬!♡」なんて言ってほしいんすよ?!でも現実は…「おい、めろろ。舐めた口聞いてんじゃねえぞ。お前の顔面殴るぞ(ガチギレトーン)」ですよ。これは大学2年生の子から言われたセリフです。威厳のNASA。トホホ…。

 

落ち着きがほしい、余裕がほしい、はしゃぐのやめたい、尊敬されたい、年下に励まされるのやめたい

 

むずかしいねぇ(なんかまとまりがない記事になった、つまらなくてゴメン)

コミュニケーション と トモダチ

こんばんは。これを読んでくれている人の大半と同じように Trick or Treat という言葉と無縁な10月31日を過ごしました、めろろです。

 

気の置けるトモダチ、欲しいです。

(たまに“いない芸”って言われますが、本当に少ないです)

 

でも私は…

同じ人とずっと居たら気持ち悪くなります。

小学校の時は同じ町内の子たちにやたら付きまとわれて、気持ち悪くなって逃げました。中高はいろんなグループを点々としていたので実質無所属です。グループ行動とか気持ち悪くて謀反しそうになります。

 

でも…

放課後や夜、独りでいたくない。

ニセモノでいいから、その場を凌ぎたい。

人と一緒にいないと休んだ時やサボった時の情報が回って来ない。

 

そんな理由から大学では最初の2年、ひたすら「知り合い」を増やしました。コミュ力ないけど、知り合いの多い「友達」と付き合って、その子達の知り合いと知り合わせてもらいました。一時期は大学に「知り合い」が300人以上いました。(実際に書き出して数えた事があります)

 

でも授業限定の知り合いやサークル・部活で知り合った人とはそこで会う機会がなくなったら"ヨッ友"になり、やがて挨拶すらしなくなります。なにより、私は適当に付き合っている為、顔や名前をあんまり覚えられず、SNSで「さっきすれ違ったのに無視したよね?!」と言われる事が多いです。長期休暇の後は、友達の友達経由で2〜3回話しただけの人の顔なんて忘れてしまいます。

 

だから今も友達な人が本当に少なくて…。

あの“擬似充実大学ライフ”はなんだったんだろう、と激しい虚無感に襲われます。

 

 

全て自己責任なのでどうしようもないのですが、本気で仲良くなる気やコミュ力や記憶力がないくせに知り合いを増やすと4年生になるにつれ、人との関わりが薄れ、逆に物凄く虚しくなるということがわかりました。

 

サークルや部活も適当に選び、3〜4個やっていましたが全て興味がないものだったので2年・3年の時に辞めました。

 

いま1年生の4月に戻れるのなら、私は友達探しに真剣になります。趣味が合って、一緒にいても疲れなくて、依存してこなくて、可愛い友達を15人くらい作ってその子達と「4年間」継続した人間関係を築きたいです。

(そんな人はいない)

 

なにこの作文

 

(こういうのをネットに上げるからさらに友達が減る) (ガイジ)

 

     お   わ   り

ツイキャスというもの

ツイキャス。

フォロワーの間のブームに乗って月1くらいでやるんだけど毎回黒歴史になるもの…。

仲の良いフォロワー達が上手く話題を提供してくれた回は成功したんだけど毎回とはいかず。

 

私の話し方はなんだか自虐的だし早口だし、自信がない感じだなって思う…。でもヒマだからキャスやっちゃう、そして黒歴史になる…、悪の連鎖じゃないか

 

前にフォロワーのじゃすたうぇいチャンが言ってたけど、ツイキャスで不特定多数の前で永遠に話し続ける行為、これ就活の練習に活かせるのでは…?

 

そんなことを思ったのでココロを強くする為、人前で話せるよーになる為に定期的にやろうとおもいました。閲覧数もリア友が見てる事も気にしないで話し続けれるようになれば私は就活で少しは強くなれる!…のでは?!

 

 

フォロワーのキャスは、コメントしてない場合もありますがだいたい聴いてます。コメント欄に元相互のフォロワーが居るとコメントしづらいのよネ。

 

そんなかんじ

はじめました。

こんばんは。

ついに私もはてなブログデビューです

私は感情がいっぱいいっぱいになっちゃうと

つい長文ツイートを連投してTLを汚してしまいます。

ブログを開設する事でその対策になったらな、と。

寒さが非常にニガテです。

冬の空気が好き、服装が好き、クリスマスや正月が好き、雪が好き…そんな人も多いと思いますが私は全面的に冬が大嫌いです。冷え性だから。メンタルにくるから。できる事なら、常夏の国で暮らしたいのです。

初回は何を書いたらいいかわかりませんね。

今期見ているアニメは「響け!ユーフォニアム」と「うどんの国の金色小毬」と「ハイキュー」です。

アニメは基本的に学園モノやスポーツモノ等の現実的な作品や、ほのぼの生活系のアニメを好みます。戦いは嫌いです。アニメであろうと剣で刺さないで、銃で撃たないで、爆弾を投下しないで。

どうかその武器を置いて!!!

じゃんけんや知能やスポーツで戦ってください。

平和を愛するめろろでした。